カレンダー

配信済み   2013-12-26 (木)

理想のコミュニケーションスタイルを現実化するには?

・‥…―━━━―…‥・TAI-COM Room・‥…★★

対人コミュニケーション問題の改善をアドバイス No.29

<12> 12/26 発行

理想のコミュニケーションスタイルを現実化するには?

・‥…―━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━―…‥・★★

 

こんにちは。

対人コミュニケーション問題改善専門アドバイザー 聖子です。

 

皆さんにとって今年一年は、どんなコミュニケーションがありまし

たか?

楽しかった事や辛かった事などを思い出し、自分がどのようなコミュ

ニケーションを発揮したか考え、来年に活かして行きましょう。

 

今年最後にお伝えする内容は、

 

理想のコミュニケーションスタイルを現実化するには?

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

 

についてお伝えしたいと思います。

 

”私の○○の悩みは、対人コミュニケーション問題にあてはまりますか?”

 

とのご質問を頂く事が多々あります。

 

確かに対人コミュニケーションと一口に言うとその意味合いは、とても

広義なものになりますね。

 

親子,友人,恋愛,職場や会社など、挙げたらきりがありませんが、一般

的な感覚で考える対人コミュニケーションの問題は、主に人間関係のトラ

ブルをイメージする方も少なくないと思います。

 

しかし、対人コミュニケーションの問題は、人間関係のトラブルだけでは、

ありません。

 

新たに関わる人達と人間関係の構築や異性との信頼関係などのトラブルだ

けではなく人との関わりを築き上げていく事も対人コミュケーションとな

ります。

そして、あなたが困ったり悩んだりした事でもし、対人コミュケーション

問題なのかな?と思ったらそれらは、あてはまるでしょう。

 

もっと、楽しくしたい

もっと、幸せになりたい

特定の人との縁を断ち切りたい

※昇進したい

 

など、サラ~と読み流すとどうと言う事はありませんがこれらの根本には、

すべて”対・人”との関わりが存在しています。

 

例えば、”昇進したい”についてご説明する場合、

 

・昇進したいという事がなんでコミュニケーションに関係するの?

 

と思われる方もいると思います。

 

私の長いOL生活でつくづく実感した事は、仕事ができるだけでは、昇進

きないという事です。

 

仕事は、一人でしているわけではありません。

自分を支えてくれている仲間やその仕事に関係する多くの人たちがいます。

仕事をする上で自分を支えてくれている人に感謝し、思いやりの気持ちをもっ

て相手と接する事は、とても大切です。

そこで必要となるのが

 

○自分にかかわる全ての人たちとの信頼関係。

 

ではないでしょうか。

 

対人コミュニケーション問題は、様々なケースがありまた、一人ひとりが置か

れている環境や生活スタイルによって異なります。

 

こんな事くらいは、大した事はない。

 

と思う事があったら今年の締めくくりとして一度、じっくり考えみるのも良い

ですね。

 

「これってコミュニケーション問題にあてはまるのかな?」と、思ったら、

それは、恐らくコミュニケーションにあてはまります。

 

問題なのか悩みなのか、または、改善なのか向上なのか・・・・・?

 

どれかにあてはまる事があれば、その内容に目や耳を傾けて下さい。

そして、自分が思い描く理想のコミュニケーションスタイルを想像して下さい。

 

今までにも何度かお伝えしていますが自分の思い描く理想の姿を想像する事は、

理想を現実化させる為に一番早い方法です。

 

そして、今回は、もう一つお伝え致します。

 

”私の○○の悩みは、対人コミュニケーション問題にあてはまりますか?”

 

の他に多く頂くご試問が

 

”イメージするってどんな事ですか?”

 

です。

イメージするとは、その言葉の通り”想像”する事ですが慣れていない方に

とっては、少しわかりにくいかもしれませんね。

 

わかりやすい事を例にご説明します。

 

あなたは、飲み会に誘われました。

飲み会に誘われた時、あなたが一瞬思う事は、なんでしょう。

 

・飲み会に行きたいまたは、行きたくない

・飲み会が楽しみまたは、面白くなさそう

・飲み会に行く人は、誰だろう・・

 

人の思考は、不思議なもので少しでも気になる事(不安要素)があると大抵、

ネガティブな発想になります。

飲み会に誘われた時の精神状態にもよりますが、瞬時に働く思考は、

 

○行きたいや楽しそうと思う時は、飲み会に行った時、自分が楽しく皆と歓

談している様子などを想像するでしょう。

 

○行きたくないや面白くないかもと言う時は、行かない理由を見つけようと

するかもしれません。

 

○参加者を気にする時などは、自分が好感を抱いている人や苦手な人を想像

するかもしれません。

 

ここで言いたいことは、この様な思考の良し悪しではありません。

単純にこの様な思考が”イメージする”と言う事を示しています。

 

なーんだ、そんな事ならいつだってイメージしてるよ。でOKです。

 

折角参加するんだから楽しい方がいい。

 

と思う場合は、自然と自分が楽しんでるイメージをしますし、行きたくない

とか気が進まないといった場合は、誘いを断る状況をイメージすると思います。

 

イメージするとは、この様な事です。

そして、この様に単純な発想でイメージした事が現実化するだけの事なのです。

対人コミュニケーションでも同様です。

自分が周りの人たちとより、快適なコミュニケーションを構築したいと思う

ならただ、楽しい状況やその様子を想像すれば良いのです。

イメージの質として注意して頂きたいのがネガティブ思考ではなくポジティブ

思考にしましょう。と言う事です。

 

イメージした事は、現実化します。しつこくてすみません。

 

ミスを気にしながら仕事をすれば、当然その仕事は、ミスります。

ミスをするイメージをするよも堂々と自信を持って仕事をしている自分をイメ

ージする方がいい事は、すでにご理解頂けると思います。

 

今年を振り返り対人コミュニーションで色々と気づく事があったなら、その気

づきを来年に活かして行きましょう。

 

何事もポジティブ思考にすれば自分の周りが少しづつ変化していきます。

 

是非、参考にしてください。

 

今年一年、当メルマガをお読み頂き誠にありがとうございました。

来年も皆様に少しでも参考になるような内容をお伝えして行きたいと思います。

 

★皆様にとって来年も素敵な年になりますように~♪

 心をこめて祈らせていただきます。

 

コミュニケーションで困っている方は、是非、参考にして下さい。

メールや対面相談もお受けしています~(^◇^)

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆