カレンダー

配信済み   2013-08-15 (木)

テーマ:時短者の気持ち

 

★★・‥…―━━━―…‥・TAI-COM Room・‥…★★
対人コミュニケーション問題の改善をアドバイス No.20
<8月のテーマ>      2013/08/15
時短者の気持ち
★★・‥…―━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━―…‥・★★

こんにちは。
対人コミュニケーション問題改善専門アドバイザー 聖子です。

毎日、30度以上の猛暑が続き涼しい部屋から出るのに結構、勇気が
いりますね。
暑さ対策だけではなく紫外線対策も完璧にしないと後々、大変な事に・・
今の時期は、特に規則正しい生活に心がけていきましょう~。

今回は、

時短者のきもち
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

についてお伝えしたいと思います。

時短者とは、労働時間を短縮して勤務する人の事ですがあなたは、

・時短者?
・時短者ではない?(フルタイムやアルバイト、パートなど)

仕事上のコミュニケーション問題として時短者とフルタイム者とでは、
意識にギャップがある場合が少なくありません。
では、どのような意識のギャップがあるのでしょう。
今回は、時短者の意識と行動について考えてみたいと思います。

<時短者の意識>
■1.代表的なのは、この三つ
1-1.時短は、当然の権利、仕事に多少支障が出ても仕方ない
1-2.時短を理解されず辛くて仕方ない
1-3.時短だけど出来る限り仕事に責任をもって取り組みたい

<時短者の行動>
■2.代表的なのは、この三つ
2-1.時短を理由に積極的にしないまたは、出来ない
2-2.時短を理解されず孤立する
2-3.時短なりにもできる事、求められる事は、実行する

他にも色々挙げられると思いますがそれぞれこの三つは、間違いなく時
短者が抱く意識(本音)と行動ではないでしょうか。

では、この様な意識や行動をそのまま表現するとどうなるのでしょう。
恐らく周りとのコミュニケーションに支障が出ているのではないかと思
います。

時短者の方は、職場での仕事・育児・家庭など、沢山の役割とやらなけ
ればならない事があり毎日、とても大変だと思います。

大変な思いをしているからこそ、周囲とのコミュニケーションを円滑に行
い助けてもらえる様、自分から働きかける事も大切です。

周りに誤解されない様、以下を参考にして頂けるとようでしょう。

○1.1.時短は、当然の権利、仕事に多少支障が出ても仕方ない
○2-1.時短を理由に仕事に集中しないまたは、出来ない

確かに時短は、権利かもしれません。
自分で”権利だ”と意識しているとその気持ちは、周りにも伝わり、

”だから何?””仕事くらいしっかりやってよ”と言われかねません。

★自分から権利を主張しなくても周囲は、十分わかっています。
⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒

◎与えられた事、任された事は、出来る範囲で応えましょう。
中途半端になる事もあるでしょうがその時は、きちんと事情を説明する
事です。(これが出来ていない人、意外といます)

○1-2.時短を理解されず辛くて仕方ない
○2-2.時短を理解されず孤立する

誰かれ構わずに”大変だ”をアピールする事は、おススメ出来ません。
時短者がどれほど大変か、経験しないとわからないでしょ!と、理解
しない相手に言いたくなる事もあるでしょう。
しかし、未経験の事を理解しろという方が無理がありますね。
この様な場合、同じ立場の人と情報交換をして気持ちを共有したりま
た、時短経験者に相談すると良いでしょう。

★今自分が辛いと思う事は、後輩達に同じ思いをさせない様、その経験
を活かして欲しいと尾根います。
⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒

○1-3.時短だけど出来る限り仕事に責任をもって取り組みたい
○2-3.時短なりにもできる事、求められる事は、実行する

完璧主義で責任感の強い方は、比較的このような意識になります。
責任をもって取り組む姿勢は、とても良い事ですね。
しかし、この様な方は、ひとつやり方を間違えると最悪の事態になる
ので注意が必要です。

注意点:
1.時短をとっているにもかかわらず残業(サービス)している。
2.仕事を優先し子供のお迎え等に支障をきたす。
(呼び出しがあってもすぐに行かないなど)

この様な仕事の仕方は本末転倒です。
責任をもつとは、サービス残業をしたり子供のお迎え時間に遅れて
も良いと言う事ではありません。注意して下さい。

とは、言え現実問題として上司や職場の状況で帰りたくても帰れない
とか、お構いなしに業務を課せられるなど多々あるでしょう。
この様な場合は、そもそもその上司や職場に問題がありますので一度、
話し合う事をおススメします。

★一日の仕事の段取りを明確に行い、退社する時など引継ぎをしっか
りする事が責任をもった対応が出来る様、意識しますしょう。
⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒
※時間的に対応が厳しい依頼は、明確に理由を伝える事が良いです。
「時短でもう時間がないのでできません」ではなく、
「やれるところまで対応するのでその後をお願いできますか」など、
言い方を考えましょう。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
仕事・育児・家事などで100%を目指すのではなく、力の抜き方を
覚えて欲しいと思います。
時短を気にしたりまた、変に権利を主張するのではなく、時短前の
気持ちを思い出して今、出来る事をやってみて下さい。(^◇^)

いくつかのケースを例に時短者の意識と行動についてお伝えしまし
たがいかがでしたか?
もし、今、時短によるストレスを感じている方は、是非、参考にして
みて下さい。
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

メールや対面相談もお受けいたします。
◆―――――――◆―――――――◆
発行日:9/5
次回予告:フルタイム(職場の上司他含む)の気持ち
◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
【テーマ募集!】
お問い合せ・取り上げて欲しいテーマなどは、下記よりお知らせ下さい。
Mail: question@taicom-room.com
……・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………・・
◎お知らせ
・ネット講座
 タイトル:誰にでも出来る!対人コミュニケーション発揮法
 http://www.knowledge.ne.jp/ksa/489240-1-2126
 ご興味のある方は、まず、お試しご受講をご検討下さい~!
・予告内容は、変更する場合があります。

発行者
対人コミュニケーション問題改善専門 アドバイザー  聖子 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HP,携帯,スマホ :http://taicom-room.com
発行システム  :http://www.mag2.com/
配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001598841.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━